いま注目の儲かるビジネスマニュアル

いま確実に儲かっているビジネスを紹介しています。
成功するためには、ある程度努力も必要ですが、自宅ですぐに実行可能なビジネスなのでぜひ一読下さい。

◆せどりで稼ぐ
黄金ノウハウ せどり王

マグロ漁船乗組員

借金を払えなくなった人がマグロ漁船に行かされるという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際には借金を返済する為にマグロ漁船に乗る人は少ないようです。

マグロ漁船と言えばどのような仕事だとイメージするでしょうか。
借金を返済できるくらいですから給料が良いとか、長期的に漁業に出なければならないので危険で体力勝負の仕事など色々なイメージがあると思います。
マグロ漁船と言っても長期的に漁業に出る遠洋延縄マグロ漁船と、日本近海で漁業をする遠洋マグロ漁船があります。
大規模な延縄漁船の場合では1度海に出ると1年くらいは戻ってこれません。
借金を返済する時に使われる漁業の種類は、長期的なタイプの方でしょう。
なぜなら1度の漁で多くのマグロをとることができ、長期間海の上にいるのですからお金を使う場が無いので自然とお金も貯まります。

マグロと言えば日本人が好む食べ物ですが、最近では日本食ブームの為海外の人もマグロを多く食べるようになってきました。
その為世界的にマグロ漁を行う所も出てきて、年々マグロの漁獲量も減少してきていると言われています。
高級な黒マグロなどは全体の数パーセントで、最近では養殖なども行われるようになってきています。

マグロ漁船に乗るためには求人を探さなければなりません。
実際に求人誌などに掲載されている分けではなく、やる気があればいつでも乗ることが出来るそうです。
以前は1度の漁に出ると1000万円の給料がもらえたと言いますが、最近では安い賃金で雇えて仕事も一生懸命な海外の労働者を雇う事が多くなってきた為、そのような給料は期待できず600万円程度が多いようです。
マグロ漁船は相当な体力と気力が必要な為、実際には長期間仕事を続けられる人はほとんどいません。
生活状況が苦しく、家族が生きていくために漁業に出ている外国人と、甘い環境で育っている日本人とではやはり精神的な強さが違うようです。
マグロ漁船はとても危険な漁で、冬の荒波の海に投げ出されて死ぬ人もいます。
長期間漁に出ているのですから、当然病気や怪我をしても治療する事が出来ないので、時には治療が間に合わず死亡するケースもあるようです。
長時間に及ぶ漁の為、体力的に弱い人だと漁の網にからだが絡みつき体の一部を無くす人も出てきますから、全て自己責任の上行わなければならない危険な漁なのです。

いま注目の儲かるビジネスマニュアル

◆せどりで稼ぐ
黄金ノウハウ せどり王

このページのTOPへ戻る


footline