いま注目の儲かるビジネスマニュアル

いま確実に儲かっているビジネスを紹介しています。
成功するためには、ある程度努力も必要ですが、自宅ですぐに実行可能なビジネスなのでぜひ一読下さい。

◆せどりで稼ぐ
黄金ノウハウ せどり王

運び屋

運び屋と言ってもどんな物を運ぶかで変わってきますが、通常は違法なマリファナなどの麻薬類を海外から国内に運びこむ仕事の事を言います。
日本では麻薬を栽培する事も海外から輸入する事も禁止されていますが、闇で取引されている事実があるので何らかの形で持ち込んでいる事になります。
実際に持ち込んでいる人は麻薬が簡単に入手できる現地の人から日本人まで運び屋を行っていますが、第一に怪しまれない事が第一条件となります。
何も無いような素振りで旅行者を装っていれば大抵の場合は、それ程丹念に持ち物を調べられる事は無いと言われます。
やましい気持ちがある人や、何かソワソワして落ち着かない人は直ぐに分かってしまいますが、ただ単に旅行者やビジネスマンなどを装うっていれば殆どの場合普通に通れるようです。

普通の旅行者の中でも怪しいと思われた人は持ち物の隅々にまで調べられます。
タバコのフィルターの内部とか、細工して内部に潜めている事もあるので持ち物を散々調べられてしまいます。
しかし、調査員は特に疑った事を悪いと思う事も無く、散らかした持ち物も片付ける事もありません。
別に問題の無い人がこの様な事に合うのはとても不愉快ですが、国によっては扱い方も変わってくるので不振な態度をとらないよう自衛策をするしかありません。
本格的に運び屋を行っている人は簡単に見つかるような方法では行っていません。
アクセサリー類の石の内部をくりぬいたり、持ち物の道具を加工し自然な形に見えるようにしています。
また、そのままの形で持ち込んでもサラリーマン風の格好をしている時には素通りできる場合もあるようです。
しかし万が一のリスクをさけて郵送で運びいれる事もあります。
見つかったとしても住人が居ないマンションなどを送り先にしておけば、身元がバレル事もありません。
しかし、やはり海外の運び屋に比べるとかなわないそうです。
麻薬が合法である国では、特に普通に取り扱う事が出来るので、罪悪感が全くなく不信感が無くまったく普通に見える為です。

いま注目の儲かるビジネスマニュアル

◆せどりで稼ぐ
黄金ノウハウ せどり王

このページのTOPへ戻る


footline